費 用


 相談料

30分毎に5,400円(消費税を含む)となります。

なお、初回相談については最初の1時間まで5,400円(1時間相談した場合、実質的に30分が無料)、1時間を超えると以降30分毎に5,400円となっております。

また、交通事故、刑事事件(本人とご家族)、債務整理については、初回の相談料は無料となります。

※当事務所では法テラスの法律扶助も利用できます。法律扶助の要件を満たす場合は相談料はかかりません。

 

 

 一般的な民事事件の弁護士費用

  経済的利益の額 着手金 報酬金
  300万円以下 8.64%(10万8,000円~) 17.28%
  300万円を超え3,000万円以下 5.4%+10万8,000円 10.8%+21万6,000円
  3,000万円を超え3億円以下 3.24%+75万6,000円 6.48%+151万2,000円
  3億円を超える場合 2.16%+405万円 4.32%+810万円

着手金・報酬金については、事案の詳しい内容ををうかがい諸般の事情を勘案のうえ、受任の際に具体的金額を提示させていただきます。



 交通事故事件の弁護士費用

・相談料
初回相談料無料
・着手金
無料
・報酬金
21万6,000円+獲得金額の10.8%
・実費
実際にかかった費用につき実費を請求させていただきます
・その他
※委任事務が途中で終了した場合、事務処理の程度に応じてお支払いいただきます。
※弁護士費用特約保険に加入されている場合、着手金が発生する場合があります。
※弁護士費用特約保険に加入されている場合、成功報酬額の基準が異なる場合があります。
※上記は基本的な当事務所の費用ですが、事案によっては上記と異なる基準となる場合があります。詳しくは直接事務所までお問い合わせください。
 

 刑事事件の弁護士費用

本人とご家族の初回相談は無料となっております。 

逮捕・勾留等で初回接見のみの場合、弁護士費用は4万3,200円となります。

初回接見からひき続き弁護活動のご依頼を受けた場合、初回接見の際にお支払いいただいた弁護士費用は全額着手金(事実を認めている盗撮や痴漢等の簡明な事案の場合は21万6,000円~)に充当されます。

なお、着手金や報酬金の基準が民事事件とは異なります。詳しくは直接事務所までお問い合わせください。

 

 

 文書作成その他

文書作成その他の費用についても、お気軽にお問い合わせください。